D-modeスタッフ紹介 その①

TATSUYA“死神”ITO
今や、飛ぶ鳥を飛ばしてしまう勢いのある人物といえば、この男。店長こと伊東辰也。
彼のプロフィールをご紹介しましょう。
a0219438_1831646.gif

1964年10月22日生まれ(46歳)
富良野市に生まれ、物心がつくころに旭川へ。
お決まりであるがこの年代の人達は不良である。一通りのいわゆる悪いことは済ました彼だが、
唯一のめり込んだのはバイクと車であった。
a0219438_15274460.jpg

*21歳当時の写真 喧嘩し骨を折る。

やはりこの時代のヤンキーは,バイクは『スズキGSX』車は『スカイライン』が大好きである。
もちろん彼もこの種が大好きで、働いたお金の大半は、バイクと車の改造につぎ込んだ。
*ちなみに当時入っていたサークル?チーム?族?の名前は、死神連合というグループだった。
旗を持たず、鎌を持って走り回っていたらしい(笑)
a0219438_1529751.jpg

*写真左 彼の愛車 スズキGSX400 カールは手作りらしい。
a0219438_1531554.jpg

*愛車② スカイラインGT-X(ケンメリ)

さすがに、二十歳を過ぎ、ヤンキーも卒業、ヤンキーが卒業したといえば、行くところはやはり夜の世界である。
旭川の歓楽街で、2店舗経営、『ウォーターメロンマン』というこ洒落たバーとピンクキャバレー『ボインちゃん&ボインちゃん』である。
かなり羽振りのよいバブリーな時期もあったらしい・・・・。
a0219438_15325526.jpg

*当時25歳 金と女に不自由しない時代である。

この経営手腕を買われ、2010年春、第2期D.I.S の店長に抜擢され札幌に親子ほども年の差のある彼女と移住。
この時期、初顔合わせしたイシPは、『なんだかな~おっさんな感じぃ~』と一言。
このD.I.Sでの1年半の活動は皆様が知っていると思うので割愛させていただくが、精神的・経済的にとかなり地獄を味わったらしい(笑)
*本人より悲しい1年半の札幌生活の話を聞いてください。もちろん彼女も彼から去って行ってしまう(笑)

どん底を見た彼は、翌年2011年転機を迎える。
『D.I.S』が名前を変え、『D-mode』へリニュアルスタート。
当然、札幌からいなくなると思っていた矢先、ヤエちゃん・イシPに説得され、心機一転、店長に返り咲く。
彼の頭の中には、数千種のカクテルのレシピが入っており大抵のカクテルは作ることができる。だてに夜の生活を25年もやっていないはず。
また、彼の流れるような軽快なトークとユーモア溢れるギャグは、来店されるお客様に人気沸騰。
女性ファンが多く。ススキノのチャン・グンソクと言われている。

人生を建て直し中の彼だが、年齢も年齢なので、早く結婚し、子供がほしいらしい。
現在、超大募集である!ぜひお見合いをセッティングし。スタッフ一同、彼の余生を楽しませたいと思っている。
最近、彼のマンションのベランダにだけ、カラスが集まるらしく、本人いわく、『死が近いかも・・・』と不安がっている今日このごろである。
ぜひ、元気つけのためにもお店に顔をだしてあげてほしい。

レポート:ハナ肇
[PR]

by disco-mode | 2011-09-15 17:06 | d-mode情報 | Comments(3)

Commented at 2011-09-15 23:25 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Y ♪ at 2011-09-16 08:49 x
爆笑です。昔の『ディスコティックな〇〇』的なノリ GOOD♪ですな~
Commented by 貯金 at 2011-09-18 00:41 x
すっごく面白い